7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2018/01/21

84

目が覚めた

おそらく昼ぐらいだろう

夕方ではなく、午後かもしれないが

オレは寝るとき、というよりは日が落ちるときは確実に雨戸を閉める

そのため、昼でも部屋の中は真っ暗だ

雨戸の隙間から差し込んでくる光の感じでおおよその時間帯を推測しているだけ

なぜか体を起こすことが出来なかった

今が朝だろうが、午後だろうが、夕方だろうが、夜だろうが、どうでもよかった

オレは疲れていた

ヘドロのように疲労や疲弊が体内にこびりついている、むしろ蝕まれている

そんな感じだった

そもそも今日は会社という牢獄に向かい、給料という名のあぶく銭を受け取るための物乞いをする日だっただろうか?

そんなこと考えたくもない

頭痛がする

昔から悩まされている偏頭痛で後頭部が痛い

オレには休息が必要だ


期限のない休息が

2018/01/20

83

おまえの笑顔は太陽みたいだ

太陽は恒星

自ら光を発することが出来る

温かい光を

月は自ら光を発することが出来ない

太陽に照らされることで、その光を反射し、光ることが出来る

オレは影さ

太陽が月を照らす

その背後に出来る影

影には光は眩しすぎる

太陽は全て平等になるように移動しながら光を供給する

影であるオレにも光を供給するかのように

残念だったな

オレは月に光が当たったときに出来る影

月に光が当たらない限りは出てこないのさ

光があるところには必ず影がある


だが、お互いの接点はない

2018/01/19

82

辺りは夕やけで紅く染まっていた

まるで返り血で染まっているかのように

これだけの夕やけは早々お目にかかれない

ただの水溜まりが血の池のように見えた

オレは会社の駐車場にいた

オレ自身も辺りの景色と同化していた

蒼い人影がやってきた

周りが紅いだけに余計に目立つ

人影はオレの存在に全く気付いていないようだった

ああ、そうさ

アンタにとってオレは取るに足らない存在なのだろうから

ちょうど人影は運転席の鍵を開けようとしていた

オレは背後から殴りかかった

もちろん工場から盗み出した鈍器に使えそうなモノで

間もなく辺りは暗闇に覆われた

紅くなっていた景色は紺色になっていた

オレは蒼い人影をひたすらメッタ打ちにした

オレたちの周りだけ蒼くなっていた

しかし、なぜかこの場所には他人がやってこないという確信めいたものがあった

どれだけメッタ打ちにしただろうか

夥しい量の蒼い液体が人影から流れていた

この人影はもう動くことはなかったが、オレはなぜかその場から動けなかった

!?

蒼い液体がオレの足をロックしていた

液体は間もなく固体に変わった

人影は微動だにしない

そもそも人影は人影でなくなっていた

液体ではなく固体になっていた

体温が急速に奪われていくのを感じた

目の前が蒼くなった

意識が遠退いていく

微かにサイレンのような音が耳に入ってくる


そんな気がした

2018/01/18

81

おまえ勘違いしすぎだぜ

オレのこと全てわかった気でいるだろ?

おまえが出来ることと言えば

オレが言いそうなことを先回りするぐらい

そんなんでオレの全てをわかったとでも?

おまえの勘違いは素敵すぎる

おまえはオレの心を掴んだと思っているのか?

残念ながらおまえが掴んだと錯覚しているのはオレの心でもなんでもない

オレの発言がある程度先読み出来るというだけでは、何の意味もない

おまえはそれすら気付くことが出来ない

単なる愚者だ

学歴が高い、オンナとして少しばかり色気がある

それだけでオトコを手中に収められる

ひいては世渡りも出来る

残念だがそれは錯覚だ

相手が悪かったな

そういうのが通用する相手を選べないおまえは


単なる愚者以外の何者でもない