7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2017/11/20

22

オレの配属先は「品質管理室」というところだった

工場で製造・精製されたものの最終チェックやその途中の工程が問題なく機能しているかを成分分析する部署だった

オレはケイコとは違う仕事をしていたが、実際の作業等は同じ室内で行うことが多かった

無論、オレから話しかけることはなかったが、ケイコにとってオレは今まで接したことのないタイプだっただけに物珍しかったのだろう

気が付くとケイコから話しかけられることやスキンシップをされることが多かった

イヤではなかったが、即座にオレの中のオトコが反応するほどの何かは感じなかった

最終的には退職する前日にお互いの中に入り合ってしまったが

そこから何かが始まることはなかった


始めようとも思わなかったが

2017/11/19

21

人間は、人間に限らず全ての生けとし生けるものは、この世に生を受けた時点で死に向かいつつある

生きる意味とはなんだろうか?

生きるということは、その早さは個人差こそあるものの、死への道を進むということでもある

ならば、最初から死ぬことがわかりきっているのに、なぜ生まれる必要性がある?

生きている間に数え切れないほど、資源を食いつくし、場合によっては破壊や殺戮をし、罪なき命の灯火をも消す

何のために?


答えは出なさそうだ

2017/11/18

20

体と体は繋がっているのに、心は繋がっていない

心と心が繋がっていると思っていたのに、体と体を繋げる事で実際には心は全く繋がっていないことに気付く

所詮は他人同士


そんなものだろう

2017/11/17

19

オレにとって無意味と感じるものの1つが大学だった

大学で得たものは何もない

基本的に学ぶことと言えば、「酒・オンナ・セックス」ぐらいしかないだろう

わざわざ高い授業料を払ってまで大学で得るようなものではない

自分の将来を見据えて、それに必要な横または縦の繋がりが得られるのでなければ、行く価値はない

そう思った

オレの通っていた大学は東京世田谷区の経堂にあった

ちょうど小田急線の沿線で、当時は準特急が時間帯によっては停車することがあるという不便な状況だった

気が付くと解消されていたが

おそらくオレと同じように考えていた人間が多かったからだろう

その大学は理系というカテゴリに属していたが、オレにとってはどうでもいいことだった

その結果食品メーカーに就職するという世間体を保つことが出来たわけだが、それに対してナンとも言えない違和感を常に感じていた

目の前に広がる世界は、自分が住んでいる世界とは違う

そんな感覚だった


まるで、現実として認識していた世界が、実は仮想現実であるかのような感覚とでも言えばいいだろうか