7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged
The abandonment

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2018/05/11

Α-14


「確かにデカい

「でしょ?しかも満月だし

タカシの前に回り込むアヤカ。
視線を落とすタカシ。
瞬きをしない強請るような眼差しと交錯する。


空いていたもう片方の手も繋がり合う。
額同士もくっつき合う。


脱ぎ捨てられた衣類。
細波だっている水面。
川の音に混じって、水面を叩くような、潜っては出てを繰り返すような音が何度も響いてくる。


月の光に照らされている、激しく互いを求め合う、汗と水に濡れた肢体。


2018/05/04

Α-13


なかったね

ああ

ないもんはしょうがないから、一緒にお風呂行こ。

え?

ここからちょっと行くと、大っきな池があるの。

なるほど

今日は天気よかったし、もし月が出てたら、すごいいい感じだと思うし

じゃあ、サクッと行こうぜ。

うん

2018/05/03

Α-12


薄明かりの街灯。
タカシのアパートが見えてくる。

手を繋いで歩いている2人。
アヤカの歩調に合わせているのか、少々ゆっくりだった。

2人はほとんど口を利かなかったが、アヤカは幾度となくタカシの手の関節を弄っていた。タカシもそれに応えるように、アヤカの手を、触感を確かめるように握り返していた。
無論、その逆もまた然りだった。

「見えて、きたね

「ああ」

「どの、部屋?」

「あの、ん?」

立ち止まるタカシ。

「どう、したの?」

歩みがゆっくりだったためか、無理なく立ち止まるアヤカ。

「あの2階の1番右にある部屋なんだけど、なんで雨戸が開いてんだ?出てくるときに閉めたはず」

タカシの部屋の窓に人影が1つ見える。

そういうことか。ここら辺は比較的安全だから警備も薄めだし、実はドローンもいないってことに気づかれたってわけか

「どっから、入ったんだろ

「たぶんアパートの入り口のガラスでも割ったんじゃね?あの窓、結構人目に付くし」

「確かに

「てか、電気もガスも止まってる部屋に押し入っちまうとは。ヤツもバカだよな」


タカシの手の関節を弄り始めるアヤカ。
一瞥するタカシ。
俯くアヤカ。

一応、軽く見てみっか。ホントにガラスが割られてるか」

頷くアヤカ。


「ありゃ?ガラスは思ったほど割れてねぇけど、鍵がガッツリ壊されてんなぁ」

「ホントだ

「戻ろうぜ。もしかしたら肉があるかもだし」

「うん、そうだね

2018/04/28

Α-11


暗く、なってきたね

ああ。
この感じだと、今日は肉はお預けかねぇ

かもね

こういうときってどうしてた?
木の実でも食ってたとか?

うん
あたし、あの地震で足やられちゃったから、もし盗みに入ったときに見つかったら、逃げ遅れちゃうと思うし

まぁ、確かに。

ねぇ、昨日は、なんでここに来ようと思ったの?
もしかして、死のうとしてた?

いや、そこまで考えてなかった。
ただ、なんとなくって感じで、アヤカを見かけたのも偶然だった。

そうなんだ

肉にありつけてもありつけなくても、アヤカに会えても会えなくても、どっちでもよかった。
そんな感じ。

そっかぁ


ねぇ
夜になる前に、タカシん家に行きたいな

電気もガスも止まってるぜ?
水は出ると思うけど、そもそも何もねぇぞ?

うん、そんなことはどうでもいいの
行ってみたい気分なだけ

わかった。
じゃあ、行こうぜ。

立ち上がり、アヤカに手を差し出すタカシ。

大丈夫。1人で立てるから

ぎこちなく立ち上がろうとするアヤカ。

でも

差し出されている手を握るアヤカ。

いい?

頷くタカシ。
互いの視線が交錯する。