7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction which is limitlessly near to nonfiction
・それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
・流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero)
・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2017/06/19

omen II

勢いよく流れる水の音。
重装備状態のまま、全身を痙攣させながら、トイレで蹲っているサヤ。

はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……

どうしよう…
できた、よね、きっと…

「サヤ、帰ったよ」

驚いて、口元を手で隠して振り返るサヤ。

「サヤ、どうした?こんなとこで…」

無表情なヨシキ。
サヤは怯えたようにヨシキを見つめている。

「なぁ、まさか…。もしかして、まさか、なのか?」

ヨシキは無表情なままだったが、声には責めるようなニュアンスが含まれていた。
サヤはヨシキを見つめるばかりだったが、目には涙が浮かび始めていた。

「どうなんだ!!答えろ!!」

唇を震わせながら俯くサヤ。
涙が一滴、また一滴とこぼれ落ちていく。

「あ、あ…、ああ…、あーーーーーーーーーー!!!!!!」

そのまま飛び出していくヨシキ。

叫び声が、徐々に小さくなりながら、辺りに響き渡る。

2017/06/11

omen

日々自殺者が埋葬されているいつもの場所を歩いているヨシキ。
ちょうど家路に向かっているところだった。

時刻は15時。
珍しく業務量が少なく、会社は残り時間分の賃金を受け取らないことを条件とした帰宅希望者を募ることになり、ヨシキも希望を出し、それが通ったのだった。



体の大半が白骨化した、顔立ちがヨシキやサヤとよく似た人物。

薄闇に浮かぶ、一糸纏わぬ仰向け状態のサヤ。
微動だにせず、目は固く閉じられている。



リュウスケがヨシキを一瞥する。
眼中にない様子で通り過ぎるヨシキ。

2017/06/09

Premonition II

15時。

人工知能やリュウスケが業務に勤しんでいるところに、家路に向かうところなのか、いつもとは逆方向からヨシキがやってくる。
周りの様子など眼中にない様子は相変わらずだった。

リュウスケも業務で身についた習性のためか、ヨシキを一瞥する。
そのまま通り過ぎていくヨシキ。

2017/06/04

Premonition

はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……
どうしたんだろ……
体が、すっごい重い……
お腹と背中も痛いし……

サヤは足を引き摺るように歩いている。
リュウスケは従来通り業務をこなしているものの、サヤの様子はそれとなく観察していた。
!?

サヤの動きが止まり、力尽きるように膝と両手をつく。

はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……、はあ……
ウソ……
そんな……
もしかして……

「大丈夫か?立てるか?」

肩で息をしながらも、ゆっくりと体を起こし、顔を上げるサヤ。
リュウスケだった。

一瞬だったが、お互いの視線が防毒マスク越しに交錯する。

…どうしよう、なんか言わなきゃ…

スマートフォンを取り出し、何かを打ち込む動作をするサヤ。
怪訝そうに様子を窺うリュウスケ。



打ち込みが終わったようで、スマートフォンを差し出すサヤ。
画面には『大丈夫です。すいません、私声帯がダメになっちゃってて、しゃべれないんです』と表示されている。

「なるほど、そういうことか」

ゆっくりと立ち上がり、再びスマートフォンに文字を打ち込み、差し出すサヤ。

『ありがとうございます。ホントは向こうに行きたかったんですけど、戻ります』

「ああ、わかった。気をつけてな」

力なく頷き、ゆっくりと足を引き摺るように戻っていくサヤ。